“ひやうぶたいふ”の漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒヤウブタイフ
語句割合
兵部大輔100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兵部大輔ひやうぶたいふ大伴ノ家持は、偶然この噂を、極めて早く耳にした。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)