“ひつせん”の漢字の書き方と例文
語句割合
筆尖100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天知子、其の平生深く自信する精神的義侠の霊骨を其鋭利なる筆尖ひつせんほとばしらしめて曰く、社界の不平均を整ふる非常手腕として侠客なるものは自然に世に出でたるなりと、た曰く、反動激発せる火花の如きものは侠客の性なりと。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)