“ばいおう”の漢字の書き方と例文
語句割合
梅翁100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当初おさなくしてまた上品な貞門ていもんの俳諧を突破して、梅翁ばいおう一派の豪胆なる悪謔あくぎゃくが進出した際には、誰しも鳥羽僧正とばそうじょうの画巻をくりひろげるような痛快さをもって、よろこび迎えざる者は無かったのであろうが、しかも百鬼夜行のみちは行ききわまるところがあった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)