“とうめがね”の漢字の書き方と例文
語句割合
遠眼鏡100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、時々筒形の遠眼鏡とうめがねをトランクから取り出して、射撃をする時のやうに一方の眼を閉ぢて、見張番の姿を眺めた。
鏡地獄 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)