“ちょうだん”の漢字の書き方と例文
語句割合
聴断100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京都所司代の役目といえば、禁闕きんけつを守衛し、官用を弁理べんりし、京都、奈良、伏見ふしみの町奉行を管理し、また訴訟そしょう聴断ちょうだんし、兼ねて寺社の事を総掌そうしょうする、威権かく々たる役目であって、この時代の所司代は阿部伊予守あべいよのかみで、世人に恐れはばかられていた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)