“そんりょ”の漢字の書き方と例文
語句割合
村閭100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歌謡は民族の心に宿って、永久に宮廷の内にも村閭そんりょの間にも、そのうた声を響かせる。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
あるいはみずから村閭そんりょの政治家をもって任じ、威権戸長を凌ぐの郷紳も、その傍輩ぼうはいと炉辺に踞坐きょざするときには、あまりに現今わが邦変化の不思議に驚き、将来はいかがあらんと相談ずることもあらん。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)