“ぜうおう”の漢字の書き方と例文
語句割合
紹鴎100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
武野紹鴎ぜうおうは、珠光にはじめられた茶道ちやだうを、利休に伝へて大成させた中興の宗匠で、いろいろの逸話を残した人であるが、あるとき、その頃羽振はぶりをきかせてゐた堺衆の一人が催しの茶会に招かれて往つたことがあつた。