“ぜいこう”の漢字の書き方と例文
語句割合
脆膏100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
商売往来の中でも、横町へそれた貸本屋だが、亭主が、いや、役人上りだから主人といおう、県庁に勤めた頃、一切猟具を用いず、むずと羽掻はがいをしめて、年紀としは娘にしていい、甘温、脆膏ぜいこう胸白むなじろのこのかもを貪食した果報ものである、と聞く。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)