“せゝつこま”の漢字の書き方と例文
語句割合
狹隘100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陽春の訪れと共に狹隘せゝつこましい崖の下もにはかに活氣づいて來た。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)