“すんなり”の漢字の書き方と例文
語句割合
嬋娟100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姫鱒——軽井沢上水の、清冽な流れのなかで、嬋娟すんなりと、ひれや尾を研いでゐる。
独楽 (新字旧仮名) / 高祖保(著)