“じゃしんちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
蛇身鳥100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「昔、この辺に蛇身鳥という怪物が出没いたしました。何がさて蛇体に刃の羽を生やした怪鳥でございますから……」
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
その間に例によって宝物を拝観したが、此処のは蛇身鳥の牙だの石や鐘の破片だので古道具とまでも行っていない。品が粗末なだけに縁先のの上に列べてあった。
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)