“じゃくしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
弱小100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ弱小不忘ごときの筆に当時の模様を巨細に写す力のないことを、私は初めから読者と老人とにお詫びしておきたい。
かく願うことはわれらの現実の弱小醜穢なる心的状態を省みるとき、あまりに誇大なるごとく見ゆるけれども、私は願いはいかに大きくても大きすぎることはないと思う。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)