“じぶのたゆうよしもと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
治部大輔義元50.0%
治部太輔義元50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されば、父美濃守に申しつけられ、自分幼年中は、駿河の臨済寺にあずけられ、喝食の修業いたしておりましたれば、治部大輔義元殿がお顔はよう見覚えておりまする。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
殿、よい折! 思うに治部太輔義元には、鷲津、丸根をしいれて、織田の手なみ、多寡は知れたり。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)