“じはい”の漢字の書き方と例文
語句割合
児輩100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二十七日明クルヲ待ツテ客館ニ入ル。江都ノ訃来ル。始メテ母氏本月十九日ヲ以テ没シタルヲ知ル。コレヨリ先母氏ヲ患ヒタリ。余児輩ト商量シマサニ起程ヲ緩クセントス。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
明治三十四年には、我等夫婦に結婚後五十年たるを以て、児輩の勧めにより金婚式の祝を心ばかりを挙げたり。然るにかかる幸福を得たるのみならず、身体健康、且つ僅少なる養老費の貯えあり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)