“じだこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
字凧50.0%
字紙鳶50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大川の空には、春風に乗った二枚半の字凧や武者絵が、のどかなウナリを揚げております。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
紙鳶は種類もいろいろあったが、普通は字紙鳶、絵紙鳶、紙鳶で、一枚、二枚、二枚半、最も多いのは二枚半で、四枚六枚となっては子供には手が付けられなかった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)