“じかば”の漢字の書き方と例文
語句割合
地下穿100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の穿いたのはその内の朴歯日和下駄であったが、若しそうでなく、もう一つの地下穿きの方を穿いていたなら、或はあんなことにならなくて済んだのかも知れないのだ。
夢遊病者の死 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
地下穿きの跡が幾種類、足駄の跡が幾種類、靴の跡が幾種類と、マア分ったんだ。
一枚の切符 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)