“しんぷざん”の漢字の書き方と例文
語句割合
神斧山100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その奥に緑青を吹いた銅瓦の館が、後ろに聳え立つ神斧山の岩石に切組んで建ち、あたかも堅固な城廓のをなして、見る者の眼を愕かせている。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蘭谷を取り囲んだ、神斧山の肩から、青白い妖星が、谷間を覗き込んでまたたいている。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)