“しんひょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
辛評100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
重臣たちの意向をさぐると、逢紀審配のふたりは、袁尚を擁立したがっているし、郭図辛評の二名は、正統派というか、嫡子袁譚を立てようとしているらしい。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その上、大将彭安が討たれたので、辛評を使いとして、降伏を申し出た。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)