“しんせいりょうりょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
晨星寥々100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
およそ明治中葉以降芸者のことを書きたる小説汗牛充棟もただならぬに、地獄白首のことを書きたるものに至つては晨星寥々たるの感あるは何ぞや。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
なんにしろ、大勢行っていたのだが、本当に財産をえた人は、晨星寥々さ。戦争が始まってからは丸一年になる。
鼠坂 (新字新仮名) / 森鴎外(著)