“しろつつじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白躑躅100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、それも力抜けがして中途でしてしまった。彼は重味のとれた怠惰な気持ちでぼんやり庭の白躑躅を眺めていた。
御身 (新字新仮名) / 横光利一(著)
この絵姿の若衆の顔はやさしく晴々しく邪気なく、この若衆が手にした白躑躅のそれよりもい浄い姿でした。
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)