“しろうとじょうるり”の漢字の書き方と例文
語句割合
素人浄瑠璃100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかも両篇とも僕の文に似て居るから慚愧の至りだ。これにくらぶれば「素人浄瑠璃」などの方遥かに面白し。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
素人浄瑠璃のビラなどが、辻便所ほど貼りつけてあって、そのまえに、油染みた桐の櫛箱や、だらいなどをすえつけて、今、一人の客の髪を結い上げているのが、親方の仁吉らしかった。
治郎吉格子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)