“しらすか”の漢字の書き方と例文
語句割合
白須賀100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東海道でも駿河の吉原、遠江白須賀などは、住民の都合で何度も町を移している。最初の場処も今では変化してしまった。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
藁靴の砂を払ひながら、私達は汐見坂を登つて、白須賀駅まで辿り着いた。
伊良湖の旅 (新字旧仮名) / 吉江喬松(著)