“しょうりょうぶね”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
精霊舟50.0%
聖霊舟50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家々の祖霊が海からってくるという記憶はよほどかになっているけれども、いわゆる精霊舟の風習は、やまとの方でもなお弘く保存せられ、ただそれが行き着く処、またはその方角道筋に関して
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
眠流しの最初の趣意が、魂送りや聖霊舟のそれと、本来同じであった一つの証拠ではないかと私は思っているが、これだけではまだ多くの人の同意は得難いであろう。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)