“しょうゆに”の漢字の書き方と例文
語句割合
醤油煮100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蓋物の陶器をそこへ出した。開けてみると、醤油煮のごまめに赤い唐辛子が入っていた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
広間の方で、あまり愉快そうな笑い声がどよめくので、彼は、夕刻、お台所の方からそっと取り寄せておいたごまめの醤油煮唐辛子をかけたのを、蓋器にいれ、のこのこと出向いて行った。
べんがら炬燵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)