“しょうもんき”の漢字の書き方と例文
語句割合
将門記100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
将門記』に、平貞盛源扶敗軍してその妻妾将門の兵に凌辱せられ、恥じて歌詠んだと出づ。
従ってこの結果は、当年の史実を伝える唯一の原典といわれる「将門記」の記事にも
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)