“しょうとうじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
正燈寺100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸時代にの名所といわれた正燈寺もまた大音寺前にあったが、庭内の楓樹は久しき以前、既に枯れつくして、わたくしが散歩した頃には
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「どこだえ。正燈寺紅葉には遅いし、観音様のには早いが——」