“しょうじょうこう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
清浄光50.0%
猩々講50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それゆえ、無量光無辺光無対光不断光難思光清浄光などあらゆる形容の言葉を使っているのであります。それでいて、なかなか表し切れない絶対の光であります。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
『本朝二十四孝』八人の猩々講に——波の鼓の色もよく、長崎の湊にして猩々講を結び、椙村のうちに松尾大明神を勧請中、甘口辛口二つの壺をならべ、名のある八人の大上戸に集まる。
酒渇記 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)