“しょうじゅらいごうず”の漢字の書き方と例文
語句割合
聖衆来迎図100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
写真を掲げた一図は高野山に蔵せられる「聖衆来迎図」のほんの一部分、中央阿弥陀如来の向って右に跪坐する観世音菩薩の像である。
美の日本的源泉 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
阿弥陀仏とも言うべき端厳微妙な姿と現じたと言う空想の拠り所を、聖衆来迎図に出たものだ、と言おうとするのでもない。
山越しの阿弥陀像の画因 (新字新仮名) / 折口信夫(著)