“しょうしち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小七50.0%
庄七50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「……おおい、小七小七、いい加減に浮いて来いよ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
物干竿にかけた一枚の衣服が風にひるがえり、其の傍の井戸端にはがあって、それにはどろどろになった女物の衣服が浸けてあったが、それは金子屋と云う質屋の手代の庄七
南北の東海道四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)