“しゅくわり”の漢字の書き方と例文
語句割合
宿割100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道橋の見分に、宿割しゅくわりに、その方の役人はすでに何回となく馬籠へも入り込んで来た。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「新茶屋の境から峠の峰まで道普請みちぶしんよなし。尾州からはもう宿割しゅくわりの役人まで見えていますぞ。道造りの見分けんぶん、見分で、みんないそがしい思いをしましたに。」
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)