“しゃくづる”の漢字の書き方と例文
語句割合
赤鶴100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤鶴の目だけがそれを見つけだしたと思うてくだされい。とにかく、異相とは見えぬが一種の御異相
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「どうしてですの?」と、卯木もそこへうずくまりながら、追い打ちをかけて「……どうして、赤鶴さま、そんなお望みを持ったのですか。おやかた様のどこがそんなに?」
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして泣き濡れるあいだにも、ふと卯木の胸には、赤鶴が自分へ言った、あのいまわしいことばが、自分の予感そのままな実感となって来て、一ばい悲しさがせぐられていたのだった。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仮面師赤鶴が一心にに写しとっておいたあの一作であったのだ。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)