“しきぶのじょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
式部丞100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
式部丞しきぶのじょうは話をことわっていたが、頭中将とうのちゅうじょうが本気になって、早く早くと話を責めるので、
源氏物語:02 帚木 (新字新仮名) / 紫式部(著)
自身の継子の式部丞しきぶのじょう蔵人くろうどを兼ねている男が御所の御使みつかいになって来た。
源氏物語:52 東屋 (新字新仮名) / 紫式部(著)