“こしばい”の漢字の書き方と例文
語句割合
小芝居100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或日一家を携えて、場末の小芝居こしばいに行く日記の一節を見ると、夜烏子の人生観とまた併せてその時代の風俗とを窺うことができる。
深川の散歩 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
名人と呼ばれ、女団十郎と呼ばれ、九代目市川団十郎の、たった一人の女弟子で、九女八という名をもらっている師匠が、歌舞伎座のような大舞台を踏まずに、この立派な芸を、小芝居こしばいや、素人しろうとまじりの改良文士劇や、女役者の一座の中で衰えさせてしまうのかと、その人の芸がおしくって、静枝は思わず涙ぐんだ。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)