“くろどり”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒鳥100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わたし、どうしても波瑠子さんが亡くなられたとは信じられないのよ。いまでもあの方がどこかでわたしを待っていてくださるような気がするの。……もしあの方が本当にこの世にいないとすれば、わたしのような黒鳥くろどりは生きている甲斐かいはないわ」
宝石の序曲 (新字新仮名) / 松本泰(著)