“くろだみののかみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒田美濃守100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒田公の原書を引取る又筑前ちくぜんの国主、黒田美濃守くろだみののかみう大名は、今の華族、黒田のお祖父じいさんで、緒方洪庵先生は黒田家に出入しゅつにゅうして、勿論もちろん筑前にくでもなければ江戸に行くでもない、ただ大阪に居ながら黒田家の御出入医おでいりいと云うことであった。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)