“くろずみむねただ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒住宗忠100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのある友人が、日本の神道を研究するには、必ず黒住宗忠くろずみむねただの説をうかがわねばならぬと注意してくれて、ねんごろにもこの偉人に関する出版物を送ってくれた。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)