“くろじょうふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒上布100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつも乍ら好感の持てる氏の都会児らしい行儀の好い態度、そして朝風に黒上布くろじょうふ単衣ひとえすそが揺れる氏の長身を、怜悧れいりに振りかざしたむちのように私はうしろから見た。
鶴は病みき (新字新仮名) / 岡本かの子(著)