“くろじゃのめ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒蛇目100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女のは黒蛇目くろじゃのめであったが、冷たいものを手に持つのがいやだと見えて、彼女はそれを自分のわきに立て掛けておいた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)