“きんかんけつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
金環結100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして各二万を三手に分かち、三どうの元帥と称する者——金環結きんかんけつを第一に、董荼奴とうとぬを第二に、阿会喃あかいなんを第三に備えて、待ちかまえているという。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蛮将の金環結きんかんけつは、手下を叱咤しながら、炎の中から衝いて出た。その影を見ると、蜀軍のうちからも、誰やら一将が現われて、猛闘血戦の末、遂にその首を取って、槍先につらぬき、
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)