“きりし”の漢字の書き方と例文
語句割合
切支100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなわち半蔵門外の貝塚に鎮座ましましていたのですが、時代は徳川お三代の名君家光公のご時世であり、島原以来の切支宗徒も、長いこと気にかかっていた豊臣の残党も