“きりざんしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
切山椒100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熊手の代りに枝にを貫いたのと切山椒を買って美佐子のお土産にし、熊手は鷲神社でそれぞれが買った。
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)