“きらひぬ”の漢字の書き方と例文
語句割合
嫌抜100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それも貴方が何とかでも思召してゐらつしやる方とならば、そんな事を有仰られるのもまた何でございませうけれど、嫌抜いておあそばすのやうな者と訳でもあるやうに有仰られるのは
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)