“きらさひょうえやしき”の漢字の書き方と例文
語句割合
吉良左兵衛邸100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毛利小平太小商人して、本所二つ相生町三丁目、ちょうど吉良左兵衛邸の辻版小屋筋違い前にあたる米屋五兵衛こと、じつは同志の一人前原伊助の店のために
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)