“きよやす”の漢字の書き方と例文
語句割合
清康100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
祖父清康が天文四年尾州守山の陣において、阿部弥七郎なる者のために、この村正をもって袈裟がけの一刀をうけ、弥七郎の帯びていた村正によって、清康の子広忠