“きよみまる”の漢字の書き方と例文
語句割合
清見丸100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「満洲へゆくんだ。丁度い、今夜十一時に横浜を出る貨物船清見丸というのがある。その船長は銀座生れで、親しい先輩さ。そいつに話して置くから、今夜のうちに港を離れるんだ」
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)