“きよへき”の漢字の書き方と例文
語句割合
虚碧100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
博雅の君子亦「鏡花全集」を得て後、先生が日光晶徹の文、哀歓双双人生を照らして、春水欄前に虚碧はせ、春水雲外に乱青を畳める未曾有の壮観をにす可し。
「鏡花全集」目録開口 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)