“きよづち”の漢字の書き方と例文
語句割合
清土100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いま通り過ぎて来た音羽の護国寺からの方角に当たる清土という場処で、そこへ行くと、今でも草むらの中に小さながあって、はじめはここにってあった。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)