“きよげつぢう”の漢字の書き方と例文
語句割合
去月中100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
云聞せければ十兵衞は又間違の品が出たかとて家主同道にて下谷の自身番へ來りしかば早速呼出し原田は十兵衞に向ひ去月中ぢが宿にて此治助が脇差を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)