“きようひよう”の漢字の書き方と例文
語句割合
狂颷100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ユウゴオの趣味は典雅ならず、性情奔放にして狂颷激浪の如くなれど、温藉静冽の気からその詩を貫きたり。対聯比照に富み、光彩陸離たる形容の文辞を畳用して、燦爛たる一家の詩風を作りぬ。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)