“きようげんりこう”の漢字の書き方と例文
カタカナ:キヨウゲンリコウ
語句割合
興言利口100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
年かさの同僚が、彼れの振はない風采を材料にして、古い洒落を聞かせようとする如く、年下の同僚も、亦それを機会にして、所謂興言利口の練習をしようとしたからである。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)